冷え性やめてストレスフリー♪【ファッション編】

アメリカ北東部マサチューセッツ州ボストン。

氷点下16℃になることもあるこの地域では、冬はなにより防寒が最優先です(パーティやデートなどは別として)。

そんな地域に長年暮らしてたら、自然と防寒に長けます。

日本では男女問わず体温の低い人が増えていて、年齢性別関係なく冷え性さんが増加中。

冷えてつらい。寒いの嫌い。という人に、

「温めるべきところ間違ってますよ~(」゚ロ゚)」」

と言いたい(←言ってますが)。

 

ぬくぬく温活ファッションのコツ

寒い地域に住む人だって冬は寒い!のですが、エスキモーのような恰好をしているわけではありません。

以前、

「先生やっぱり外国の人ですね」

なんでですか?

「いつも帽子をかぶっているから」

外国の人=帽子なの?(笑)

 

帽子をかぶっている第一の目的は防寒です。

実は、アタマは放熱が激しいところなのです。

体熱の40%~80%が頭から放熱されるといわれます。

帽子をかぶるとわかりますが、温かさが全然違います。

でも、ファッションとしても好きです(右下のはバースデーでかぶらされたもの)。

f:id:kireinakurashi:20161115002228j:plain

アタマ以外にも防寒に忘れられがちな体の部位があります。

突然ですが、自分のお尻を触ってみてください。

温かいですか?

「お尻が冷たいのは当たり前でしょ?」なんて思ってますか?

実は、お尻には内臓を循環する血液の量を増やす役割があるといわれます。

そのお尻が冷たい。

ということは内臓の血液量が減る。

つまり、お尻が冷たい=内臓が冷える。

 

体が冷えたとき、体が真っ先に温めようとするのは脳と内臓です。

生命にかかわる部分が最優先され、手足などの末梢部分は最後に回されます。

手足を温めていても冷えが改善しないのは、内臓が冷えているからかもしれません。

薄手のあったかインナーでオシャレをジャマせず、お尻とお腹を冷やさないようにしましょう。

f:id:kireinakurashi:20161115002712j:plain

まだまだあります、薄着でも寒くない温活ファッションのコツ。

長距離ドライブのときや映画館で、「トイレに行きたくなったらどうしよう」と不安になったり、「途中でトイレに行きたくないなぁ」といったときはありませんか?

「寒くなくても、太ももの上にひざ掛けや上着をかけるだけでトイレが近くなくなるから」。

と母に勧められたとき、「うそだぁ」と半信半疑だったのですが、本当にトイレに行きたくなる回数が減って驚きました。

冷えを感じなくても、温めているからなんです。

冷えないんですね。

 

太ももとお尻。

冷えを感じないのに、ここが冷えているのと暖かいのとでは全身の冷えが違います。

いくら上半身にセーターやジャケット、ダウンを着込んでも下半身が冷えていると冷え性じゃなくても寒さを感じます。

でもお尻と太ももをしっかり温めておくと、上半身にさほど着こまなくても断然温かいんです。

 

「先生いつも薄着だなって思ってました」と言われたことがありますが、

  • お尻
  • 太もも

を、かわいいデザインや薄手の毛糸のパンツ、腹巻、ももひき、遠赤外線素材のストッキング、帽子などで温めています。

ポイントを押さえて、ぬくぬくをキープしているんです。

あ、あとカイロを使うのもいいですね。

ほんとうの温活

イキナリですが、このまえ腰痛持ちの藤原竜也さんが、腰痛にいいと勧められていたコルセットがありました。

とても気に入っていたにも関わらず、購入しなかった理由が「腰が弱くなるから」。

そう、腰が痛い原因が、腰を支える筋肉が弱かったり、コリがひどいからなのに、”コルセットで腰を支えるだけ”を続けていたらどうなるでしょう。コルセットがなければ生活できなくなるかもしれません。

自身のカラダ自体を変えないと根本的な解決にならない、という理由に拍手👏でした。

冷えも根本から解決しないと悪化します。

 

魔法のソックス、不思議な靴下…なんて心惹かれる温活ファッションのネーミング。

履いているときは温かいかもしれません。

でも、それがいつまで保つかわかりません。

頼っているだけだと、自分の熱源で温まる体からどんどんかけ離れていきます。

 

なぜ冷え症になるのでしょう?

ストレス、自律神経の乱れ、呼吸など、色々とありますが、一番の原因は「運動不足」です。

血流も、腸を動かすのも、熱を作るのも筋肉。

 

「手足がしびれるほど冷たくてツライ」。

「寝るときは、靴下をはいていても足が冷たくて何時間も眠れない」。

外からどんなに温めても、筋肉による発熱がなければ根本から冷えをなくすことはできないのです。

 

生徒さんから、

「自分の体温から出る熱で布団を温めることができるようになりました」

「便秘や目の下のクマは冷えが原因だったのがわかりました」

といった喜びや気づきの嬉しい報告に、そうそう!となりました。

冷えは便秘、目の下のクマ、薄毛や抜け毛が増える原因になるんです。

美容の面からも、冷えはよくないのです。

 

激しくない適度な運動(有酸素運動)は、ストレスを解消し、自律神経の乱れを整え、呼吸を改善する効果があり、さまざまな冷えの原因を取り除き、体がどんどん楽になります。

自家発熱できるカラダになることが、ほんものの温活です。

わたし自身、キツイ運動やエクササイズが嫌いなので、運動したくないという人に、どこでもできる温活運動をご紹介します。

どこでもできる温活エクササイズ

椅子に座っているとき、歩くとき、立っているとき。

きれいな姿勢は見た目がいいだけではなく、冷え症に大きな影響があります。

姿勢が悪いと、

  • 肺がつぶされ呼吸が浅くなる
  • 内臓を支える筋力が衰えてお腹が出る
  • 内臓が下に落ちて下腹が出る
  • 内臓の血流が悪くなる

姿勢が崩れて下に落ちた内蔵がつぶされて血行が悪くなれば、内臓が冷えます。

冷える内臓を温めようと、血液はお腹に集められ、手足は冷たくなります。

きれいな姿勢を保つ姿勢筋と、呼吸に使う筋肉は重なっています。

呼吸は筋肉で行われているってあまり意識しないですよね。

呼吸が深まると横隔膜やお腹の筋肉が動いて内臓をもみほぐし、内臓の血流がよくなり、内臓が温まって冷えの改善になります。

自律神経の乱れも冷えの原因の一つですが、呼吸を正すと自律神経を整えることができます

 

いつでもきれいな姿勢を保てる人にはあって、冷え症の人にないもの。

それは、きれいな姿勢と正しい呼吸をする筋肉です。

これらはいつでもどこでも鍛えることができます。

それも、大して苦しくもキツくもない方法で。

それが温活エクササイズです。こちらに書きました。

きれいな姿勢の作り方

 

冷え性のひとが避けたい食べ物

いつでもどこでもできる温活エクササイズをしていても、体を内側から冷やすものをいつも食べたり飲んだりしていては、冷え性が改善しにくくなります。

  • アイスクリーム
  • サラダなどの生野菜
  • コーヒー

また、

  • 白米、白い小麦粉、砂糖など精製されたもの
  • ビール
  • 添加物
  • タバコ

これらは、血管を細くしたり老廃物を溜めたりして、血流を悪くし冷えの原因になります。

なるべく避けることをお勧めします。

 

体を温める食べものを選ぶ

寒い地域や冬に取れる食べ物は、体を温めるものが多いですし、ショウガやネギなどの香味野菜も体を温めます。

サラダなど体を冷やすものが食べたいときは、体を温めるスパイスを取り入れたり、温かいスープと一緒に食べるなどして体を冷えから守りましょう。

 

冷えとお風呂

冷えをとるだけでなく、疲れもとってくれるお風呂。

シャワーだけだと表面が温まるので温まった気がしますが、実はかえって体を冷やしてしまいます。

めんどくさいと言わずに、ぜひ体の芯から温まるまでゆったりとお湯につかって体を癒しましょう。

冷えがひどいと長くお湯に浸かれない人がいます。

その場合は無理をせずに徐々に慣らしましょう。

▼冷えがひどすぎる原因と改善の記事はこちら▼

運動をすると冷える人

冷え性やめましょう

靴下を履いても、湯たんぽをしても、冷えて手足が冷たい、なかなか眠れない。

冷えの原因は、日頃の習慣です。

そして熱を作るのは筋肉です。

個人差はありますが、冷えない体になる筋肉がついてくるのは2週間〜2ヶ月です。そんなに長くないですよね!

併せて、

  • 頭と下半身を温める”温活ファッション”
  • 体を温める白湯や旬のものを食べる温活
  • 湯船に浸かる

を意識するだけで、お肌も姿勢もきれいになります。

自家発熱するカラダに、あったかポイントを押さえたファッションなら、着込んで重っ!(ー ー;)となることもありません。

 

「50歳でも変われるんだ」なんて感想をいただきます。

60歳でも70歳でも、運動をしなくても、「自分で熱を作れるカラダになる!」「あったかいカラダになる!」。

そう決めた瞬間から、あなたのカラダは変わります。

 

追記:
ひとつ抜けていた、温活ファッションのポイントを追記しました。
この記事は、2016年11月29日の記事をリライトしたものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日の1%の努力は、1年後37倍の結果を生む

動く瞑想&ヨガセラピー

Pefect Wellness Club

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Follow me!