舌をみがいて内からきれい

朝は浄化にいちばんいい時間。

体の中の不要なもの(毒素)を、体の外に出す働きが、1日の中でいちばん活発になる時間です。

そんな朝に行いたい習慣のひとつに「舌みがき」があります。

f:id:kireinakurashi:20200201112745j:plain

なぜ舌を磨くのか

昔も昔、「朝のお口のネバつきに〇〇」といったテレビCMを見ながら、

口の中がネバつくってなに??

と思ったことがありました。

口腔内検査でわかったのですが、私の口の中はサラサラな唾液が大量に循環していて菌が繁殖するヒマがないとかで、ねばついたり虫歯になりにくいんだそうです。

そのせいか、朝起きて歯磨きをする習慣がありませんでした。

今も歯磨きはしませんが、舌はみがきます。

舌みがきをするといいこと

私たちの身体は、夜眠っている間に修復作業を行っています。

だから睡眠の質はとても大切。

世界最古の伝統医学といわれるインドのアーユルヴェーダでは、舌苔(“ぜったい”という舌についている苔)を身体の修復作業で消化吸収できなかった未消化物(毒素)として朝起きたときに取り除きます。

これを取り除くと、

  • 虫歯や歯肉炎の予防
  • 口臭の予防
  • 味覚がよくなる
  • 免疫力アップ
  • 口の中を爽やかにする

また毎朝舌を見ることで、身体に変調があればいち早く気づけます。

舌でわかる自分の健康状態

中国医学でも舌を診察しますし、アーユルヴェーダ医も舌診(ジブハ・パリ―クシャ)といって体質や内臓を見る診察基準に舌を診ます。

私たちが舌を見て、かんたんに体調を判断する方法のひとつに舌の色があります

  • 舌が白っぽい→食べ過ぎ/運動不足(でだるい)/巡りが悪いなど
  • 舌が黄~赤→ストレス注意/イライラしやすい/アルコール注意など
  • 舌が紫っぽい→情報過多/移動・異動などがあったばかり/冷え/血液がドロドロなど

自分の体調をほんの数秒で毎朝チェックできます。 

舌の正しいみがきかた

こんな形をしていて、色々な素材でできたタングスクレーパーというものがあります(これは金属のもの)。

f:id:kireinakurashi:20200201115241j:plain

これで舌をそっと撫でるようにして、舌苔をとりのぞきます。

決して!ゴシゴシこすらないでください。

よく「歯ブラシでやらないで」。

とネットなどに書かれていますが、私は歯ブラシを使っています。

歯ブラシでも大丈夫なのですが、力加減のわからず、歯をみがくようにこすってしまう人が多いからだと思います。

歯ブラシを使うなら、舌奥から舌先に向かって、歯ブラシをサッサッと舌を撫でるように動かします。

どちらを使うにしても、ゴシゴシこすってしまうと舌を傷めてしまいます。

舌を磨く、舌苔をとりのぞくというより、そっと撫でるイメージです。

舌をみがくのはいつがいい?

「朝起きたらまずはお水(白湯)を飲む」といった習慣のある人は、ぜひ舌みがきをしてしてからに。

せっかく出された未消化物やら、毒素やら、細菌を体内にまた飲み込んでしまうことになります。

朝起きたらまずはトイレか、舌みがきを。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日の1%の努力は、1年後37倍の結果を生む

Perfect Wellness Club

パーフェクト・ウェルネス・クラブ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Follow me!