“白湯”と”お湯”の違いを知っていますかー白湯の効果とつくり方ー

「お湯も出るので、美容にいい白湯もすぐ飲めますよ」。

先日、ウォーターサーバーの営業をしている男性にこう言われました。

でも、それはお湯。

白湯とは別物なんです。


病人や新生児など、体が弱っている人も負担なく飲めて、美容やダイエット効果もあるとして注目を浴びた白湯。

 

白湯のルーツは、世界三大医学の一つとされるアーユルヴェーダにあると言われています。

より健康に、長寿や若さを保つことを目的とした未病と不老の医学アーユルヴェーダは、インドで生まれた5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学。

 

白湯は

  • 内蔵をきれいに洗い流してくれ、
  • 体を内側から温めて血行や代謝をよくし、
  • ダイエットや体質改善など

様々な効果があると言われています。

 
お水を温めるだけなので、安心して続けられるキレイの習慣です。

 

白湯の効果

  • 冷え性の改善
  • ダイエット
  • デトックス
  • 便秘の改善
  • 美肌効果など

白湯を飲むようになった生徒さんから、「お腹が温まって安心する」「冷えが良くなった」「便秘をしなくなった」と、体質改善や心理的に感じた効果の声をいただきます。

朝体を目覚めさせるのに「白湯を作って飲む」という簡単なルーティンを取り入れるのは、寒い冬に早く部屋を暖められますし、早起き習慣の手助けになります。

同じ時間に起きて、ゆっくりと白湯を飲む習慣は、便秘や冷え性の改善や、自律神経の乱れをととのえるのに効果的です。

 

白湯の作り方

  1. やかんや鍋に水を入れて強火で沸騰させる
  2. フタは取って湯気が上がるようにする
  3. 泡がブクブクしたら火を弱め10~15分間沸かし続ける

蒸発してしまうので、水の量は多めに。

使う水は水道水、浄水、ミネラルウォーターなんでもOKです(水道水の場合20分くらい沸かしましょう)。

沸かし続けている間に、塩素などの不純物は除去されて、火と水と空のエネルギーがバランよくなった白湯。

味やまろやかさがお湯とは違うんです。

 

白湯の飲み方

朝起きがけに白湯を飲むと健康にいいと言われています。

また、こちらの記事にも書きましたが、朝は浄化作用がいちばん高まるとき。

朝起きて冷たい水を飲むと、内臓が冷えてしまい、働きが低下します。

 

白湯は内臓や体内の血流をよくして、身体の働きを活発にします。

便秘の人に朝バタバタしているか聞くと、慌しい人が多いのですが、便秘の原因の一つが朝のバタバタです。

 

西洋医学的には交感神経が活発になりすぎる、アーユルヴェーダ的にはヴァータの働きが増す。

どちらにしても、朝に白湯を飲むのは便秘の解消に効果があります。

 

白湯は一気に飲むのではなく、10分くらい(か、もっと)かけてゆっくり飲みましょう。
ゆっくりする時間を朝に確保すると、デトックス効果を高めます。

 

もし白湯を苦く感じるようなら、毒素が溜まっているといわれています。

(体調によって甘く感じる温度が違うので、アーユルヴェーダを知っている人は白湯を甘く感じる温度で自分の体調を知ることができます)

寒い季節に内側から体を温まるのをじんわり感じられる、朝のきれい習慣をはじめませんか。

 

※日中の白湯の飲み方、注意事項、白湯のアレンジ、アーユルヴェーダの体質についてはこちら。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日の1%の努力は、1年後37倍の結果を生む

「私が心地いい」私へ

ーパーフェクトウェルネスクラブー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Follow me!

健康と美と若さの寿命を延ばすーホリスティックヨガクラスー

Eiko Kurihara
【ホリスティックヨガクラス】
 
✧体がかたい人向けヨガクラス✧
✧健康・美・若さの寿命を延ばすヨガクラス✧
✧顔のリフトアップ+肩こり解消ヨガクラス✧
✧動く瞑想ーホリスティックヨガクラス✧


健康と美と若さ。
それは日常の過ごし方で変わってきます。

体を正しく使う習慣は、それだけで体と心を整えます。

特別なものや、高価なものを「足す」のではなく、毒や害となるものを排出し、より気持ちよくキレイになる健康美容。

あなたの生まれ持った体質(タイプ)の良さを最大現に引き出して、気持ちのいい体と心と、健康と美と若さの寿命を延ばす方法をお伝えします。