ヨガやストレッチで痺れるのは大丈夫?

健康に美しく豊かに生きるPerfect Wellness Club

生徒さんから、

「このポーズをするときに足がしびれるんです」

「こう伸ばす時に腕がしびれます」

と質問されるときがあります。

 

私も体験したことがありますが、

大丈夫なの?って心配になる人がいるかもしれません。

 

結論は大丈夫な場合がほとんどです。

でも「なんでしびれるの?」と不思議に思いますよね。

 

自分の体のことを知っておくと、

安全にヨガやストレッチをすることにつながりますし、

安心感にもつながるので、

主な原因2つを説明します。

 

{DB9C071E-40D0-490A-81C2-8345D7DC3AC1:01}

 

今日の記事です。

【ヨガやストレッチで痺れるのは大丈夫?】

 

理由1:神経の圧迫

筋肉をグーっと伸ばすと、

ビーンと伸びた筋肉は硬くなります。

思いっきり伸ばしたゴムを

イメージしていただくとわかりやすいです。

 

その硬くなった筋肉が

神経を圧迫(刺激)することがあります。


ヨガやストレッチをしていて、

ビリビリとか

ピリピリするのは、

伸びて硬くなった筋肉が

神経を圧迫するからです。

 

柔軟性が上がれば、

しびれなくなります。

 

柔軟性をアップするコツは、

いらない力を抜くこと。

 

自分の体を感じながら、

どこにいらない力が入っているかな~と探して、

硬いと感じる筋肉の力を抜く練習をします。

 

アスリートや格闘家などにとっても、

一番難しいのがコレです。

 

いらない力に気づいて、

自在に抜く(リラックスする)。

 

これができるようになると、

人前で、試合で、試験で、プレゼンテーションで、

緊張モードをリラックスモードにしたり、

力んでコントロールが乱れるのを防げるようになります。

 

 

理由2:体の防御反応によるしびれ

「筋肉はすぐに柔らかくなったりしませんよ~伸びるのを待ちましょ~」

ヨガのクラスで

よく言っています。

 

硬くなっている筋肉を

無理に伸ばすとケガをしてしまいます。

 

そこで脳は筋肉(繊維)が切れてしまわないよう、

筋肉をギュッと縮めて守ろうとします。

 

伸ばそうとする力と、

縮めて守ろうとする力が

痛みや痺れになることがあります。

 

筋肉を守ろうとする

体の防御反応ですね。

 

柔軟性をアップするには、

脳に危険信号を出させないよう、

自分で自分をリラックスさせること。

 

力んで無理に引っ張ろうとすると、

柔軟性をアップする妨げになるのです。

 

 
解決方法:ヨガやストレッチで痺れなくなるには

すでに上記してしまいましたが、

硬いと感じる筋肉を意識的にゆるめること。

 

いらない力を抜くのが、

人間にとって一番難しくて練習がいることだと言われています。

力を入れるのは簡単なんですけどね。

 

武道でも、スポーツでも、勉強でも、仕事でも、

一番力を発揮できるのは、

力まないでリラックスしている状態のとき。

 

トップといわれる人たちは、

緊張や集中力をコントロールするのが上手です。

                       

力を抜いて

限界一歩手前を見極めながら、

少しずつ限界を伸ばしていく。

 

結果を得ようと

焦って無理をしていないか。

                  

体の緊張や力みだけじゃなく

心の緊張や力みにも向き合って。

 

この助っ人となるのが呼吸です。

 

ヨガやストレッチをするとき、

力まかせに伸ばしながら

呼吸が止まってしまう人。

 

歯を食いしばって

筋肉を伸ばそうとするようなときは、

呼吸が止まっています。

 

ではなく、

結果(欲)に意識を向けるていると

力がうまくコントロールできないのです。

 

ゆったりと呼吸をしながら、

いらない力を体と気持ちから抜くことが

早く体を柔らかくするコツです。

 

呼吸を意識して筋肉を伸ばしていくと、

筋肉は微妙に動きます。

 

その感覚をとらえるようにしてみてください。

 

最初はわからなくても、

わかるようになってきます。

                       

硬くなった筋肉がいきなり柔らかくなることはないので、

いらない力を抜いてジワジワ伸びるのを

「待ってあげるか」

くらいの気持ちでやってみましょう。

 
最後に:世界のトップといわれる人たちがヨガや瞑想を好む理由

トップアスリート、アーティスト、ビジネスパーソンたちの多くが、

ヨガをライフスタイルに取り入れていると知られて久しいですが、

健康や美容に効果がある以外にも、

  • 自分で自分をリラックスさせられる
  • セルフコントロールができるようになる

といった

仕事や運動でのパフォーマンスや、

QOF(生活の質)を向上が理由です。

 

ヨガやストレッチをして痺れるのは、

今の自分の体に無理をしているから。

 

柔軟性を上げるコツを意識して、

動きやすくて気持ちのいい体と、

精神の安定感とQOLの向上も手に入れましょう♪

 

ではまた次回。                 

Follow me!