ヨガやストレッチをしているとしびれるーしびれる理由としびれないコツー

ヨガをしていて、

「このポーズをするときに足がしびれるんです」。


「こう伸ばす時に腕がしびれます」。


そんなしびれの原因は主に2つあります。

 

1.神経の圧迫によるしびれ

{DB9C071E-40D0-490A-81C2-8345D7DC3AC1:01}

 

椎間板ヘルニアってありますよね。


飛び出した椎間板が神経を圧迫(刺激)して、痛みやしびれを感じるアレです。


同じように、最大限グーっと伸ばして硬くなった筋肉が、神経を圧迫(刺激)することがあります。


ヨガやストレッチでしびれる感覚は、伸ばして硬くなった筋肉が神経を圧迫するからです。

 

この場合は柔軟性がアップしていくと、しびれなくなります。

 

2.体の防御反応によるしびれ

体を守ろうとする防御反応が働くことで、しびれを感じることがあります。


①固まっている筋肉を、無理に伸ばそうとがんばる。


すると、


②筋肉(繊維)が切れてしまわないように、体は筋肉をギュっと縮めて守ろうとする。


なので、


③ムリヤリ筋肉を伸ばそうとする力と、体を守ろうと筋肉を縮めようとする力に筋肉が引っ張られて、痛みやシビレとなる。


場合があります。

 

そこで、

 

ヨガでしびれなくなるコツ

硬いと感じる筋肉を意識的にゆるめる=力を抜きましょう。

 

と言っても、いらない力を抜くのが一番難しいんですけどね。

 

武道でも、スポーツでも、勉強でも、仕事でも、力まないでリラックスしている状態が、一番力を発揮できる状態です。

 

トップといわれる人は、自身の緊張をコントロールするのが上手です。

 

力を抜く練習は、試験やプレゼンなどのような緊張する場面などで緊張をとく練習になります。

                       

力まずに、限界一歩手前を見極めながら、限界を少しずつ伸ばしていく。

                      

体の緊張や力みだけじゃなく、心の緊張や力みにも向き合う。

                      

結果を得ようと焦って無理をしていないか。

                      

今の自分の状態に目を向けるのを忘れていないか。

                       

自分の体の状態を無視したり、無理をすると、しびれだけじゃなくケガをすることもあります。

                       

丁寧に自分の体を扱いましょう♡

                       

そして、もうひとつのコツが、

 

呼吸も大事

ヨガやストレッチをするとき、力まかせに伸ばそうと呼吸が止まってしまう人が多いです。

                       

歯を食いしばって筋肉を伸ばそうとするときは、呼吸が止まります。

                       

呼吸と筋肉の動きは連動しています。

                       

その感覚をとらえるようにしてみてください。

                       

呼吸を意識して筋肉を伸ばすようにすると、筋肉は骨のように硬いままではなく微妙に動きます。

                       

硬い筋肉がいきなり柔らかくなることはないので、いらない力を抜いて、ジワジワと筋肉が伸びるのを感じてください。

                       

呼吸と体の動きを合わせるのは、柔軟性を高めるポイントです。 力を入れることはだれでもできますが、いらない力を抜くのは練習が必要なのです。

                       

恋愛でも、仕事でも、試験でも、スポーツでも、緊張したり、力んでしまったりすると、能力を出し切れなかったり、普段ならしないおかしな行動をしてしまったりしませんか?

                       

ヨガやストレッチをしながら、しびれるならチャンス(!?)

                       

力のコントロールの練習にできる!笑

                       

世界のトップといわれる人たちが、ヨガや瞑想を好む理由の一例が、

 

  1. 自分をリラックスさせることができるようになる
  2. 自己コントロール能力が上がる

 

しびれるのは無理をしているから。

 

少しゆるめて、ゆったり呼吸をしながら、筋肉が伸びるのを待って、また伸ばすようにしてみてください。

                       

楽しくヨガをしましょうᶫᵒᵛᵉ♡

Follow me!