暑さに強くなる!夏バテしないカラダ作り

暑い・・・

 

あまりにも暑いと「外に出たくない」ってなりますよね。

 

体力って暑さに耐えられる力でもある!

と今は実感を持って言えます。

 

というのも、

以前の私は夏に外を5分も歩けばへたばり、

ときには具合が悪くなることもあったんです。

体力がなさ過ぎだった過去がこちら↓

運動が嫌いだったヨガの先生が、なぜヨガを始めたのか?

 

暑さに負けないためには、

体力をつける!!

それが重要だったんです。

 

ネットやテレビでは、

そのためのスクワット系の運動が

よく紹介されますよね。

 

筋肉の7割が下半身にあることを考えると、

スクワットは効果的なんです。

ダイエット効果や、

老化防止の効果もあるので一石三鳥以上です。

 

そんな紹介されるスクワットなどの筋トレ方法を、

「全部ヨガの中に入ってるなぁ」

とか思いながら見ている私です。

 

環境に合わせて体を変えてきた動物や植物と違って、環境を変えて進化してきた人間は、身体にそれほど大きな変化がないし、紀元前から人体を観察し始めて、今も続いてるヨガは歴史の長さが違う。

効果の出し方も、個人へのアプローチも色々なアレンジができる動きの基本なんだから当然か・・・。

みたいなことを考えながら見てます(笑)。

 

私のように、

暑さも高い湿度も苦手な人にとって、

体力アップのための運動が

室内でできるヨガは最高な夏バテ防止策。

 

よく

ヨガの運動強度は低い

なんていわれたりしますが、

ヨガの運動強度はいくらでも上げられます

 

生徒さんは知っているので、

「もう少し動きたいですか?」

なんて聞くと、

「いえっ!大丈夫です!!💦」

とおののかれてしまったりします(笑)。

武道家や筋トレ好きな男性からも。

です( *´꒳`*)。

 

話がわきにそれました。

戻します。

 

体力アップのために、

スクワットや簡単にできる筋トレなどが

たくさん紹介されていますが、

私のような

「運動が好きじゃない」人間には、

同じ動きを繰り返す運動は単調で飽きるんですよね( ̄▽ ̄;)…ツヅカナイ

 

いろいろな動きで、

ふだんの生活やスポーツでは使われない筋肉をすべて鍛えながら

柔軟性もある質の良い筋肉を作る。

 

呼吸法で自律神経を整えることも、

心拍数を上げずに

心肺機能を鍛えられるのも

夏バテ対策になります。

 

ヨガをしている最中も、

終わった後も、

体も心も気持ちいい。

 

天候が関係ない屋内でできて、

必要なのはマットだけ。

飽きっぽい私でも続けられてる。

 

おかげで猛暑でも元気でいられるようなりました。

 

ヨガで体がどう変わっていったのか体験記↓

運動が嫌いなヨガの先生が教えるヨガってどんなヨガ?

 

体質で暑さに弱くても、

体力アップすることで夏バテ知らず。

 

猛暑の中を歩いていても、

へたばったり

体調が悪くなるようなことはなくなりました。

 

 

まとめ

暑さに強い体になるには、体力をつける

そのためにはスクワットなど、

下半身を鍛えるのが効果的です。

体の柔軟性を上げて

巡りを良くするストレッチと、

深い呼吸を加えたらなお良しです♡

 

ヨガのススメみたいになりましたけど、

ヨガでなくても、

  • 空氣イスを気づいた時に日に数回やる
  • 前屈したり、反ったり。ひねったり、「かたまってるな〜」と感じるところを伸ばす
  • 肩や首の力を抜きながら長くゆっくり息を吐く&自然に吸うのを一日に何回かやる

などちょっとした運動や、

呼吸へ意識を向けるだけでいいのです。

続けることが力となります。

 

ちょっと趣旨が違いますが、

冷たいものばかり食べたり飲んだりしないことも

夏バテ予防になります。

先日ロンドンから来た友人に

お土産にといただきました。

モルティー・ビスケット・ブリュー。

 

鼻を抜ける香ばしい香りが良くて、

たしかにビスケットとかいりません。

かなり気に入りまして、

このアッチッチな気温でもホットで飲んでいます。

 

暑いときには熱いもの。

祖母がそう言っていましたけど、その頃とは暑さが違う・・・のでどうなのでしょうね?

でもだからこそ!

暑さに負けない身体づくり

より大切なのだと思うのです。

強い体をつくりましょー!

 

ではまた次回。

Follow me!

パーフェクト ウェルネス クラブ

perfect wellness club
強く美しく豊かなウェルビーングを目指す
Perfect Wellness Club
パーフェクトウェルネスクラブ