夏の方が”むくむ”んです

「夏の方がむくみを感じるんです」

という生徒さん。

 

わかります。

私もです。

 

そんな私たちの共通点は、

暑さが苦手で、

キンキンに冷えた部屋が好き😅

 

でもいくら夏が暑いとはいえ、

体を冷やすことは、

細胞の働きを低下させます。

 

今日の記事です

夏の方が”むくむ”んです】

 

夏はクーラーの当たり過ぎや、

冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎで、

 

水分を出すことが滞ってしまう

むくみやすい季節なんです。

 

前出の彼女の職場の席は、

クーラーの風が直に当たるんだそうです。

 

席替えもできないので、

風から体を守るように

首にスカーフを巻いたり、

膝掛けを脚にかけたり、

色々していると言うのですが、

 

一日中クーラーの風に当たっていたら、

誰だって体が冷えてしまいます。

 

クーラーの当たりすぎは、

むくみの原因のひとつになります。

 

ちなみに、

むくみをほうっておくと、

 

夏バテや、

体が疲れやすくなるといった

 

体調不良の原因になります。

 

  • 湯船に浸からずシャワーだけ
  • 運動をする習慣(や機会)がない
  • 立ちっぱなしや座りっぱなしが多い
  • 冷たい飲み物や食べ物をよく口にする
  • 冷房が効いた場所で過ごすことが多い
  • 塩分が多くて濃い味つけの食べ物が好き

 

といった生活をしていると、

 

水分の代謝や血流が悪くなって、

むくみやすくなります。

 

むくまないように

水分を控えようとする人がいますけど、

熱中症の危険がある夏は特にNGです。

 

むくまなくなるためには、

「摂る」「出す」のバランスが

ポイントになります。

 

体を冷やさないよう心がけて、

水分を適切にとって、

汗や尿でしっかりと出すことが大切なんです。

 

そのためには、

  • 水はできるだけ常温で(アーユルヴェーダのピッタ体質の人は冷蔵庫で冷えたくらいのものでもOK)
  • 首・足首・手首を冷やさない
  • 体内の水分バランスを整える夏野菜を摂る
  • 汗をかいて水分代謝を高める

 

適度な運動をして、

汗をかける体になることは、

巡りの良い体になるために大切ですし、

 

夏バテしない、

暑さに負けない体づくりにもなります。

暑さに強いカラダになる

暑さに強いカラダになる

 

全身のストレッチをすると、

血流や水分の滞りが解消され、

 

下半身の筋肉を鍛えると、

血流や水分代謝が活発になって、

 

むくみにくい体になります。

 

どちらも、

ヨガで解決できます♪

 

冷たい食べ物を食べたいときは、

体を温める薬味やスパイスをたっぷりと、

 

塩分は控えめにして、

体を冷やさない工夫を。

 

夏のむくみは、

夏バテや体調不良に

つながることがあることを忘れず、

 

胃腸や体を冷やさない工夫と、

下半身の筋トレや全身のストレッチで、

 

むくまない

水はけの良い体で、

 

ダルさや

夏バテを回避して、

 

元気とキレイを守りましょう♡

 

ではまた次回😊

 

Follow me!

健康と美と若さの寿命を延ばすーホリスティックヨガクラスー

Eiko Kurihara
【ホリスティックヨガクラス】
 
✧体がかたい人向けヨガクラス✧
✧健康・美・若さの寿命を延ばすヨガクラス✧
✧顔のリフトアップ+肩こり解消ヨガクラス✧
✧動く瞑想ーホリスティックヨガクラス✧


健康と美と若さ。
それは日常の過ごし方で変わってきます。

体を正しく使う習慣は、それだけで体と心を整えます。

特別なものや、高価なものを「足す」のではなく、毒や害となるものを排出し、より気持ちよくキレイになる健康美容。

あなたの生まれ持った体質(タイプ)の良さを最大現に引き出して、気持ちのいい体と心と、健康と美と若さの寿命を延ばす方法をお伝えします。